施主様、建築業者、設備業者、その他多くの業者と綿密に打ち合わせをし、取り付ける機器やその配置などを詳細に決めてゆきます。たとえばトイレ内のコンセント・操作盤・ナースコールの種類と配置決めなども重要な作業になります。
設備工事完成後、送電する前に、大きな電圧をかけて電線等に不備が無いか試験を行います。(耐圧試験)
明るく清潔な調理場も完成。
数多くの空調機の室外機も綺麗に配列。
照明器具や換気扇のスイッチ類、エアコンの操作盤、玄関のモニター付インターホン等も美しく機能的に配列されました。


担当者の感想 

 これからの高齢化社会に向けて、高齢者の方々に安全で快適な生活を送っていただく為の空調設備・衛生設備・調理設備を完備したこういった施設の必要性を改めて感じました。一般の住宅とは違い、エレベーターや緊急通報システム等高齢者住宅特有の高度な設備も多く工事のボリュームは増えますが、やはり一番大切なことは、入居される方々の気持ちになり工事を進めて行くということであると実感しました。

 完成後も、手掛けた多くの電気設備機器が安全に高効率に稼働するための保守や点検等も我々の仕事です。末永く見守らさせて頂きたいと思います。

 
          
      担当 : 山内森市郎(第一種電気工事士)



工事名 : サービス付高齢者住宅リブウェル星岡
       新築電気設備工事

工期  : 平成24年12月 〜 平成25年3月
建築物の基礎工事が始まりました。それと並行して建築物全体の大元を成す電線を入れるための配管をします。
同じく、地中に配線する為の配管工事です。
配管の中継所ハンドホール(マンホール)。
電柱を建てます。外部の電線(外線)と内部の電線(内線)の中継所となります。ここから建物内に電気を送ります。
建駐車の操作、建柱スペースの確保、周囲への安全確認等も、電気工事の重要な仕事のひとつです。
電柱内の配管。のちに埋設されます。
建物内に同じ部屋が多い場合は、ユニット配線を作り、作業の効率化と品質の標準化を図ります。 
 copyright(c)2012 SHINDEN CORPORATION All right reserved     

ホーム >施工実績>集合住宅
電気工事の現場で何が起きているか!? 2013年3月に完成したサービス付き高齢者住「リブウェル星岡」を例に電気工事の作業内容をご紹介します。
〒790-0031 愛媛県松山市雄郡2丁目1-6 089-932-0111
壁の内部は複雑に配線がなされます。 内装された後、機器類を設置するための作業中。 ナースコールやモニタ-など、高齢者住宅に必要な機器類が設置され、入居者様に安全にそして快適に過ごして頂けるよう設備が整いました。
廊下の壁や天井の内部にも大量の配線が。 内装工事中。 照明器具も設置され、安全で明るく美しい廊下に。
site map privacy policy