庵治石細目特級多宝塔磨き仕上

松栄石材ホームページ

■ 庵治石細目特級多宝塔磨き仕上

多宝塔とは?

多宝塔は、寺院建築における仏塔の形式のひとつ。代表的な木造建築物として、日本最古の木造多宝塔である石山寺多宝塔、日本最大の木造多宝塔である根来寺大塔などが国宝としても有名です。

多宝塔の由来

「法華経」見宝塔品第十一において多宝塔は、お釈迦様の説く法華経の教えに讃嘆した多宝如来様が、お釈迦様の説法中に七宝塔と共に現れたそうです。そして七宝塔の中の半座を空け、お釈迦様と共に並んで座られたことに由来するそうです。

多宝塔の様式

現代の寺院建築用語では初重平面が方形、二重平面が円形の二層塔を多宝塔と称されます。さらに狭義には初重が1辺に柱が4本立ち柱間が3間ある方三間のものを多宝塔と称します。この方五間のものを「大塔」と呼ばれ、天台系には初重・二重とも平面方形の二重塔があるがこれは単に「二重塔」と呼ばれています。多宝塔の初重内部は須弥壇を設け、仏像を安置するのが原則で、石山寺多宝塔のように大日如来を本尊として安置する例がく、木造のもののほか室内に安置される金属製のもの、屋外に置かれる石造のものがあります。石造の場合の多宝塔の遺例としては、一重の宝塔が多く見られます。













庵治石・大島石・天山石・青木石・万成石・内垣石・滝根石・紀山石・販売加工
(c)松栄石材有限会社 香川県高松市庵治町10-24